桜花賞は2歳女王の戴冠となるか!? 最強挑戦者との一騎討ちだと思います。

GI予想

おはようございます。
桜花賞当日です。
まずは昨日の振り返りから。
ニュージーランドロフィー的中ー!!

4コーナーでゴチャゴチャとしてウイングレイテストに致命的な不利を与えてしまいましたけど、審議にすらませんでした。
私はヒヤヒヤしていましたけど、結果オーライです。
阪神牝馬は直線で早々とシゲルが止めてしましました。
何かあったんですかね!?
阪神牝馬を見ている限りでは阪神はまだまだインが有利、全体的に見ても芝では逃げ先行が馬券の大部分を占めました。
これは見逃せないポイントだと思います。
ですが、阪神牝馬でスカーレットカラーが追い込んできたように、差しが決まらないわけでもないみたいですね。
今日は雨で馬場がどこまで悪化するか読めないですが、そういうところも考えて予想したいと思います。

桜花賞
本命はレシステンシアです。

前走の敗因はハッキリしています。
切れない馬で溜めてしまったこと、今回は馬場によりますが良馬場であれば33秒台で逃げるでしょう。
阪神JFでは逃げて最速の上りを使うように、能力を出し切れば最強なのは実績が示しています。
今回は鞍上が武豊騎手にチェンジです。
ペース配分に間違いはないでしょう。
調教は1週前こそソフトな内容でしたが
3週前:栗東坂路 51.7-11.7
最終 :栗東坂路 49.5-12.1
と猛時計です。
重・不良の経験はありませんが、基本的にピッチ走法なので悪くはないでしょう。
相手はデアリングタクトです。
この馬は先行馬ではありませんが、強烈な末脚があります。
父エピファネイアということでパワー充分でしょうし、この馬もピッチ走法なので馬場が渋ってもこなしてくれると思います。
エルフィンステークスは圧巻で、4馬身以上負かしたライティアとスマートリアンが前後のG2で僅差で掲示板に乗るような馬ですし、さらに負かしたエーポスはその後フィリーズレビューを勝ちました。
横の比較で見てもG1で通用するのは間違いありません。
後は末脚を使える展開になるかどうか。
ハイペースになるのは仕方ないとして、松山騎手にはスムーズな競馬をお願いしたいですね。
そこからの相手は少し広めに流したいと思います。
中でも期待しているのは阪神JF以来のレースとなるリアアメリアです。
阪神JFはあきらかに能力を出していません。
アルテミスステークスを見る限り、まともに走ればサンクテュエールよりも能力は上です。
今回は早々と直行ローテーションを選んだように、使うと反動等が大きいのでしょう。
今回は帰厩後栗東CWで好タイム連発です。
出来は良いと思います。

崩れないという意味でも、先行して進められるという意味でもマルターズディオサは買います。
一発穴をあけるとしたら、先行宣言をしているスマイルカナかな?
人気勢で怪しいと思っているのはサンクテュエールとクラヴァシュドールです。
サンクテュエールはスタートが遅いです。
前走、前々走は2の脚でポジションを取りに行きましたが、G1はそうはいかないかも。
クラヴァシュドールは前走でかなり仕上げたイメージで上積みにかなり疑問があります。
逆にあまり人気になっていないクイーンカップの1・2着は強いと思っています。
ミヤマザクラはオークスで買いたいと思っていましたが、今回調教もかなりやっているので、ここでも期待できますね。
(藤原厩舎の福永騎手)

三連単フォーメーション
1着:9.17
2着:9.17
3着:3.5.8.13.14

1着:9.17
2着:5.8.13.14
3着:9.17

1着:8
2着:9.17
3着:9.17
合計22点

これで勝負です!
良かったら参考にして下さい!

 

勝負レースの予想は

下矢印LINEの友達追加してチェック下矢印

LINE

下矢印厳選勝負予想はここ下矢印

http://fm.okawa-god.jp/?action_FrontDesk=true&id=7ae9911af6&ad_code=td00011

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました